【完全無料ドメイン】MyDNSの使い方:アカウント作成・ドメイン取得

この記事は約4分で読めます。

ラズパイ4のSSDブートの記事でも書きましたが、現在、Raspberry Pi 4でWebサーバを構築しています。
何度か試験的にはWWWへ公開しているのですが、レスポンスを速めるテストを行っています。

ラズパイサーバのテストをするにはスマホ回線からドメインにアクセスして反応をみる必要があるので、
無料でドメインを取得できる方法を以前から探していたところ、MyDNSを見つけました。

今回は、MyDNSへの登録・無料ドメイン取得方法について書いてみます。

MyDNSとは何か?

どんなサービス?

  1. 自宅WebサーバのグローバルIPとドメインを紐付けてくれる動的DNSサービス(無料)
  2. MyDNS提供のサブドメインを取得・利用できる(無料)

どんなときに利用?

  • 目的:自宅WebサーバをWWWへ公開したいとき

ほとんどの利用者は、この目的を実現したい理由で利用していると思います。

登録は安全?

私が自宅Webサーバ公開に興味を抱くきっかけとなったYouTube番組です。
特段、不信な感情もなく、普通に受け入れることができました。
登録後も迷惑メールが届くことはなく、必要最低限のメールしか届きません。
個人的には安全だと思います。

ただ、

  • MXレコード … ドメイン宛のメールを転送するメールサーバー名と優先度
  • Aレコード … IPv4アドレスと関連付けるホスト名(「*」でワイルドカード)
  • AAAAレコード … IPv6アドレスと関連付けるホスト名(IPv6がないなら設定しなくてもOK)
  • CNAMEレコード … ホスト名と関連付ける別のホスト名 ex: www = ftp
  • TXTレコード … SPFレコードの追加やDKIMキーなど
引用:https://www.mydns.jp/#howtouse

上の説明記述が理解できず、登録に至るまで躊躇する時間を要しました。

MyDNSの使い方

アカウントを作成

※印の欄を全て入力します。(Gmailは迷惑フォルダに届くらしいので、避けたほうが良いとのことです)

  1. 氏名
  2. 国名
  3. 住所
  4. 電話番号
  5. メール

確認キーを入力すると、

[MyDNS.JP] ユーザー登録が完了しました。

という件名のメールが届きます。
このメールには、

  • マスターID
  • パスワード

が表記されているので、大事に保管します。

無料ドメイン取得

マスターIDとパスワードでログインして、メニューのDomain Infoの中からサブドメインを取得します(無料)。

?????.mydns.jp ?????.mydns.bz ?????.mydns.vc ?????.mydns.tw
?????.0am.jp ?????.0g0.jp ?????.0j0.jp ?????.0t0.jp
?????.pgw.jp ?????.wjg.jp ?????.dix.asia ?????.daemon.asia
?????.live-on.net ?????.keyword-on.net ?????.server-on.net

引用:https://www.mydns.jp/#howtouse

取得したいサブドメインを決めたら、Domain Infoのページを下へスクロールし、入力欄の※欄だけを入力します。

  • Domain: xxx.mydns.jp
  • Hostname: *
    • Type: AまたはAAAA

下画像の3か所だけを入力。

たったこれだけの入力で、サブドメインを無料で取得できます。

以上で本記事のコンテンツは終わりです。
お役に立てれば嬉しく思います。

以下の記事も一緒にどうぞ。

  1. ラズパイOS (bullsey) のインストール・セットアップ
  2. LXTerminal のコマンド一覧(最低限)
  3. nano の操作方法(保存)
  4. ラズパイOSセットアップ直後の設定
  5. ラズパイIPアドレスの固定など
  6. ufw(ファイアウォール)設定
  7. SSH接続でラズパイをリモート操作
  8. Sambaサーバを作ってiCloudを解除
  9. ローカルWordPress専用Webサーバ構築(SSL対応)
  10. Raspberry Pi OS Liteのインストール
  11. Raspberry Pi OS LiteでSambaを設定
  12. ラズパイサーバのWordPressを自動でバックアップ
  13. ラズパイSSDブート&起動しないときの対処方法
  14. MyDNSでドメインを無料取得する
  15. NGINXサーバでWordPressサイト(SSL化済)をWWWへ公開

コメント