【MT5】水平線にアラート設定できるインジケーター2本(無料)

この記事は約6分で読めます。

MT5水平線アラート設定できるインジケーターを2本ご紹介します。
無料&軽量&メールアドレス登録無しのインジケーターをようやく見つけました。

本記事ではFXGTBTCUSDチャートを例に説明しています。

1本目:Price Alert

《Price Alert[1]Legacy versionでは「Price Alert」という名前で、本記事のバージョンはMT5上では「Price … Continue readingの外観》

機能

価格が水平線に達したとき、アラートが通知されます。アラートの種類は、

  1. ポップアップ&アラート音
  2. E-mail
  3. プッシュ通知

私は「ポップアップ&アラート音」だけ確認しております。
MT5のプッシュ通知の設定はこちらの記事をご覧ください。

アラートを設定しなくても、ローソク足の上限下限にワンクリックで水平線を引けるので便利です。

便利に使用するコツ

  1. 現在のローソク足の高値安値に水平線が描かれるので、初めは月足・週足・日足・4時間足・1時間足のマクロな時間足で水平線を引いて環境認識した後、15分足・5分足のミクロな時間足で細かく位置調整すると、使いやすくなると思います。
  2. アラート設定は1回通知だけです。連続通知設定はできませんので、アラートが執行されたら再度チェックボックスをONにする必要があります。
  3. 時間軸を長めにとって、十分にエントリー待機できる状態のときに使用しやすいと思います。

ダウンロード

英語のサイトなので上のリンク先で赤枠部分をクリックすると、MT5用Zipフォルダをダウンロードできます。

MT5インジケータの追加・削除方法はこちらの記事をご覧ください。

設定・使い方

設定

まずは何も設定を変更せずに使ってみてください。
1度使用してみて水平線の色・線種・線幅に違和感を覚えれば、インジケーターリストから設定を変更してください。

《設定画面の説明:ダブルクリックして変更》

  • 青枠:アラート音・e-mail・プッシュ通知の「ON/OFF」[2]falseのままでもアラート音が鳴るかもしれません。
  • 赤枠:水平線の色を変更
    • Above Line: ローソク足上限に引く水平線
    • Below Line: ローソク足下限に引く水平線
    • Exactry Line: エントリーライン
  • 緑枠:パネルの位置を設定(チャートの四隅:左上・左下・右上・右下)

使い方

1.パネルのそれぞれのボタンをクリックすると、水平線が描かれます。再度クリックすると水平線が削除されます。

  • Above price: 現在の時間足の上限に水平線を引く
  • Below price: 現在の時間足の下限に水平線を引く
  • Exactly price: エントリーラインを引く

《パネル外観》

2.水平線をドラッグして位置を調整します。

3.水平線をセットできたら「Popup」にチェックを入れると、価格が水平線に到達したときにポップアップが表示されます。
アラート音が鳴る設定をしていると、ポップアップと同時に音が鳴ります[3]設定していなくても音が鳴るかもしれません。
1度ポップアップが表示されるとアラート設定が解除されるので、再度水平線をセットし直してPopupにチェックを入れてエントリー待機します。

《ポップアップ外観》

4.水平線を消したい場合は、パネルのボタンをクリックします。
通常の水平線の削除方法では消えないのでご注意ください。

水平線を削除するとパネルの数値が0.00にリセットされます。

Price Alert の正常動作を確認済のインジケーター組み合わせ

現在の私のインジケーターは下記です。
チャートの時間足を変更しても、きびきびと切り替わってくれます。

水平線・トレンドライン・平行チャネルを同期するインジケーター「SynchroChart_Line」を使っても、
Price Alert_Panelで描いた水平線は複数チャートに同期しないのを確認しています。

同期してほしい望みはありますが、
インジケーター同士がコンフリクト(衝突)しないので、ある意味良いと思っています。
私はチャートを2枚開いて、2枚目をアラート設定だけのためのチャート(下画像)として使っています。

MT5-My-chart-tab2-2

2本目:ABC-PriceAlarmLines

《ABC-PriceAlarmLinesの外観》

機能

価格が水平線に達したとき、アラート音が鳴ります。上のPrice Alertとは異なり、アラートの種類は音のみです。

ダウンロード・設定・使い方

MT5インジケータの追加・削除方法はこちらの記事をご覧ください。

上のリンク先公式ページでは、製作者の方が分かりやすく丁寧に機能や使い方を説明されています。

《変更可能な設定》

  • 水平線の色・線幅
  • 価格フォントのサイズ
  • ボタン文字のサイズ・色・位置(左or右)

線種(DotやDashなど)は変更できないようです。

水平線の削除は通常の水平線削除方法と同じです。

ABC-PriceAlarmLines の正常動作を確認済のインジケーター組み合わせ

現在の私のインジケーターは下記です。
チャートの時間足を変更しても、きびきびと切り替わってくれます

水平線・トレンドライン・平行チャネルを同期するインジケーター「SynchroChart_Line」を使っても、
ABC-PriceAlarmLinesで描いた水平線は複数チャートに同期しないのを確認しています。

Price Alertと同様に、
インジケーター同士がコンフリクト(衝突)しないのは、ある意味良いと思います。
チャートを2枚開いて、2枚目をアラート設定だけのためのチャートとして使うトレード方法も良いかもしれません。

「Price Alert」と「ABC-PriceAlarmLines」どちらを使えば良いのか?

「Price Alert」と「ABC-PriceAlarmLines」どちらのインジケーターの水平線を使うのかは、
個人の

  • 直感
  • 好み
  • 慣れ
  • 手法

に依存すると思います。
両者の違いを表にまとめてみました。

Price AlertABC-PriceAlarmLines
アラートの種類・ポップアップ
・アラート音
・メール通知
・プッシュ通知
・アラート音
アラートON/OFFワンクリックワンクリック
線種の変更×
ライン上の価格の表示×
ボタンパネルのサイズやや大きいが最小化で畳める小さい

私は

  • Dotの水平線に慣れている
  • 価格よりはストップロスの位置重視の手法
  • 普段の水平線をワンクリックで描く感覚で使える

このような理由で「Price Alert」を使用しています。

《現在のPrice Alert Panelの仕様:水平線上下共に黄色のDot》

以上でMT5水平線にアラート設定できるインジケーター「Price Alert」と「ABC-PriceAlarmLines」の紹介は終わりです。

関連記事:MT5の使い方・利用方法 - 分かりやすい順序で一覧表示されます。

本記事がお役に立てれば嬉しく思います。

脚注

脚注
1 Legacy versionでは「Price Alert」という名前で、本記事のバージョンはMT5上では「Price Alert_Panel」というインジケーター名になりますが、公式サイトでも「Price Alert」という名前で扱っているようなので、本記事でも「Price Alert」という呼称にしています。
2 falseのままでもアラート音が鳴るかもしれません。
3 設定していなくても音が鳴るかもしれません。

コメント