【Bybit】サービスの使い方・利用方法のまとめ

この記事は約3分で読めます。

Bybitサービスの全体像が理解しやすい順序で並んでいます。
Bybitの使い方・利用方法の理解にお役立てください。

Bybitトレード利用は、デリバティブ現物どちらもPCでの利用を個人的にはおすすめします。
スマホアプリではチャートの左側を表示できる時間軸が短くなって、ロングショートどちらのストップロスも確認しづらくなり、エントリータイミングが甘くなると思います。私が経験した範囲では、ほとんど勝てたケースが無い印象です。

積立ステーキングは手続きするだけなので、アプリでも大丈夫です。

アカウント作成・口座開設

Bybitへの登録はこちらから。
メールアドレスでBybitアカウント作成・口座開設の手順、二段階認証設定方法についての内容。

デモ口座開設・トレードの練習

口座開設したらデモ口座でトレードの練習をします(先にデモ口座を開き、後でリアル口座を開く順序でも構いません)。

  1. テストコインと呼ばれるバーチャルマネーでデリバティブ現物トレードの操作方法に慣れる。
  2. アカウント間での資金振り替えに慣れる。
  3. 積立ステーキングに慣れる。

デモ口座開設方法や手順・テストコイン入金申請方法・テストコインの振替・デリバティブBTCUSDTトレード利用法についての内容。

Bybitに入金する

Bybitでクレジットカードで仮想通貨購入すると、高く買うことになります
以下の記事の入金方法では、送金手数料ネットワーク手数料無料で日本からBybitへ入金できます。
私はいつもこの方法でBybitにもBinanceにも入金しています。おすすめの方法です。

資産アカウントの確認・振替方法

アカウントの振り替えについて理解できている人は意外に少ないと思っています。
私も理解できるまで時間が掛かりました。一言でいえば、自分の口座間資金移動のことです。
アカウントが分かれているメリット・アカウント内の資金確認方法・振り替え方法・手数料、などについて書きました。

デリバティブ取引の使い方

Bybitの主力サービス・デリバティブ取引の操作方法について書きました。
BinanceやFTXなど同業他社と比較して、Bybitはデリバティブ注文がしやすい取引所だと個人的には思っています。
BTCUSDTのデリバティブ取引を例にして、使い方を説明しています。

現物トレードの使い方

BTCUSDTを例にして、仮想通貨現物トレードの操作方法について書きました。
購入しても良い仮想通貨現物・現物取引とデリバティブ取引の違い・取引手数料・トレード画面の使い方などを説明しています。

積立ステーキングの方法

などについて書いています。

本記事では、Bybitを利用する上で可能な限り最短ルートで目的のサービスを利用頂けるよう、まとめております。

Bybitへの登録はこちら。

本記事がお役に立てれば嬉しく思います。

コメント