7,500円もらえる(2022/11/22〜)。USDTで為替・株価指数・ゴールド・原油をトレード。

【Binance】仮想通貨を出金・送金する方法

この記事は約3分で読めます。

前回はBinanceに手数料無料で仮想通貨を入金・送金する方法を書きました。
今回はBinanceから他の取引所仮想通貨出金送金する方法を書いてみます。

Binanceから出金前に知っておくこと

Binanceから仮想通貨を出金する際の手数料ネットワーク手数料含む)は、全体的に高いです。
例えば、テザーUSDT)を出金するとERC2035ドル掛かります。Bybitでは10ドルです。

但し、BNB Smart Chain(BEP20)などBinance主導のネットワークに出金先が対応していれば、手数料は1ドル未満にまで抑えることができます。

関連記事:USDT, BUSD, USDCのネットワーク別送金手数料の比較表

Binance登録・口座開設・本人確認

具体的な方法は、以下の記事をご覧ください。

Binanceから仮想通貨を出金・送金する

ここではBinanceからBybitUSDC出金を例にします。

1.Binance登録>ログイン>ウォレットフィアット現物

Binance-XLM-to-USDT-5

2.USDC>出金

3.ネットワークをクリック

4.出金ネットワークを選択します。

  • 出金先(ここではBybit)がどのネットワークに対応しているのかを確認する必要があります。
  • 選択するネットワークによって手数料が大きく異なります。

5.Bybitの現物アカウントで、入金アドレス・ネットワークを確認します。

Bybit登録>ログイン>資産>現物アカウント

Bybit-Assets-Account-1-1

6.USDCで検索して、「入金する」をクリック。

7.チェーンタイプ(ネットワーク種類)の中でBSC(BEP20)の手数料が一番安いため、BSCを選んで「確認しました」をクリック。

※この時点で、「BybitにBSC(BEP20)というネットワークで入金するUSDCのアドレス」が決定されます。
他の取引所・仮想通貨・ネットワークはいずれも使えないアドレスです。間違った場合は資産を失う可能性があります。ご注意ください。

8.BybitのUSDC入金アドレスのQRコードをスキャンまたはコピーします(赤枠部分)。

9.Binanceに戻り、フィアットと現物ウォレット>USDC上で取得したアドレスを貼り付けます。

  • ネットワーク:出金先に合わせます。ここではBSC(BEP20)を選択。
  • 金額:最低出金額に注意して金額を入力。
  • 「出金」をクリック。

10.メールに認証コード(6桁数字)が届きます。有効時間は30分です。

メール件名:[Binance] Withdrawal Requested from

11.出金が成功するとメールが届きます。アプリにも通知が届きます。

メール件名:[Binance] Withdrawal Successful

12.Bybitから「[Bybit]入金確認のお知らせ」というメールが届きます。

Bybit>資産>現物アカウントで確認すると、USDCが入金されています。

以上でBinanceで仮想通貨を出金する手順・方法は終わりです。
Binance.comはこちら。

仮想通貨や取引所が異なっても手順は同じです。但し、ステラルーメン(XLM)やリップル(XRP)の出金・送金の際は、宛先タグ/メモが必ず必要なのでご注意ください。

関連記事:Binanceの使い方・利用方法 - 分かりやすい順序で一覧表示されます。

本記事がお役に立てれば嬉しく思います。

コメント