【Binance】ウォレット(フィアットと現物・先物・収益)とは?

この記事は約8分で読めます。

Binanceを初めて触ったとき、ウォレットがたくさんあって理解できなかった印象を今でも覚えています。

フィアット現物」以外触らずに1年近く過ごしてきましたが、今月からセービングを始めてようやくウォレットの仕組みを理解できてきました。
今回は「Binanceのウォレット」について書いてみます。

ウォレットとは?

Binanceのサービスは大きく分けて3つに分かれます。

  1. 仮想通貨現物のトレード仮想通貨現物の交換・両替
  2. デリバティブ取引先物など。
  3. 資産運用:金利を得られるセービングなど。

デリバティブの意味はこちら。

これら3つのサービスを利用するには、それぞれのサービスに対応したウォレットと呼ばれる口座に資金を入金しておくことが必要です。Binance代表口座の下にぶら下がる目的別口座のようなイメージです。

  1. フィアットと現物ウォレット:仮想通貨現物トレード, 仮想通貨の入金出金などのための口座
  2. 先物ウォレット:先物取引をするための口座
  3. 収益ウォレット:セービングなどで預け入れるための口座

例えば、先物取引をしたくても先物ウォレットの残高が0なら、先物取引ができません。
この場合、フィアットと現物ウォレットから先物ウォレットへ資産を振り替える必要があります。

ウォレットが分かれているメリットは?

資金管理が楽になります。

仮想通貨現物の資産・先物用証拠金・セービングなどの資産運用の資産、
これらが一つの口座内で資金が入ったり出たりすると、
何の取引で資産が増減しているのか把握できません。

私は

  • 仮想通貨現物は長期投資
  • デリバティブ(先物)は短期投資
  • セービングはリスクオフで金利を付ける

それぞれの金融商品をこのように考えています。
ですので、ウォレットが分かれていないと資金管理が出来ません。
目的別にウォレットが分かれているほうが、管理しやすくなります。

関連記事:【Bybit】アカウント(現物・デリバティブ・ByFi)とは?

ちなみに、
デリバティブ取引のビットコインFXFXGTを利用していますが、仮想通貨現物とセービングはBinanceを利用しています。

Bybit仮想通貨現物トレード積立ステーキングよりも手数料や利回り面で、Binanceサービスの方が総体的に良かったです(2022-2-28現在)。

ウォレットの確認方法

フィアットと現物

1.Binance登録>ログイン>ウォレット>フィアットと現物

Binance-XLM-to-USDT-5

2.主に使う項目は赤枠部分

フィアットとは?

あまり耳慣れない言葉かもしれません。

フィアット(Fiat)とは法定通貨のことです。法定通貨とは、ドル・ユーロ・円・ポンドなど、法律で定まった国家の通貨や経済圏の通貨のことです。

Binance内ではフィアットで直接に仮想通貨を購入できるのですが、日本円には対応していません。
恐らく法規制があるのだと思います。

《対応しているフィアット[1]出典:Binance Support, フィアット通貨で仮想通貨を購入する方法, 2022-02-28閲覧。

  • USD
  • EUR
  • RUB
  • TRY
  • NGN
  • UAH
  • KZT
  • INR

など。

Binanceで仮想通貨を購入するには、日本円をステラルーメン(XLM)に変えてBinanceに送金・入金してテザー(USDT)に両替する方法がおすすめです。

先物ウォレット

  • 先物取引を行うために証拠金を入れるウォレットです。
  • ビットコイン取引のデリバティブはFXGTを利用しているので、さらっとだけの説明になります。

1.Binance登録>ログイン>ウォレット>先物ウォレット

2.先物ウォレットの残高が0の場合、フィアットと現物ウォレットから資金を振り替えます。

2.振替元、振替先、コイン、金額(数量)を決めます。

先物取引の種類

先物と聞くと「危険だ、私には無理」と敬遠したい気持ちになりますが、Bybitのデリバティブ取引と似たような取引です。デリバティブの意味はこちら。
Binance先物では2種類あり、

  1. USDⓈ-M先物契約:証拠金が、BUSD, USDT[2]出典:Binance Support, USDⓈ-証拠金先物契約の仕様, 2022-02-28閲覧。
  2. COIN-M先物契約:証拠金が、BTC, ETHなど仮想通貨[3]出典:Binance Support, Coin-Margined Futures Contract Specifications, 2022-02-28閲覧。

USDⓈ-Mの「Ⓢ」はStable(安定した)の「S」、「-M」はMarginの略で証拠金という意味だと思います。公式ページでは確認できませんでしたが、このように覚えると覚えやすいと思います。

《BinanceとBybitのデリバティブ対応表[4]契約期限を無期限とした場合。

証拠金BinanceBybit
BUSD
USDT
USDⓈ-M永久USDT無期限
仮想通貨COIN-M永久インバース無期限

私はUSDⓈ-M永久を5回ほど取引したことがありますが、

  • 取引ルールを覚えるのが大変そう
  • 手数料を加味しなくてはいけない取引が分かりにくい

との理由から予め手数料(スプレッド)が引かれているFXGTにビットコインFXを変更しました。

関連記事:Bybitでは勝てなくてFXGTで勝てるようになった理由とは?

収益ウォレット

  • セービングなどの資産運用で金利を得るために資金を預け入れるウォレットです。

日本人には恐らくピンとこないネーミングだと思います。
バイナンスアーンと呼ばれる資産運用商品総称もピンとこないと思います。

アーン(earn)は「稼ぐ」という意味が日本人に馴染み深いため、「金利を得る」という意味を想像しにくいのですが、バイナンスアーンで使われている意味は「バイナンス金融商品で収益を得る」という意味になると思います。

ですので、「資産を預けて金利を得る」というニュアンスでネーミングするなら、

  • セービング
  • 利回りウォレット

のような貯蓄感覚をイメージする名前のほうが、日本人にとって分かりやすいかもしれません。

1.Binance登録>ログイン>ウォレット>収益

2.セービングその他の資産運用の状況が確認できます(赤枠部分)。

ウォレットの「振替」とは?

口座間資金移動の意味です。

例えばUSDⓈ-M先物取引をするためには、先物ウォレットの残高が0だと取引ができません。
「フィアットと現物ウォレット」からテザー(USDT)やBUSDを「先物ウォレット」へ振り替える必要があります。

手数料は?

手数料は掛かりません。

自身の口座間で資金移動するだけなので、振替手数料は一切掛かりません。

「少額残高をBNBにコンバート」とは?

フィアットと現物ウォレットに「少額残高をBNBにコンバート」という表記があります。

これは、「売却すらできない少量の仮想通貨をBNB(バイナンスコイン)に替える」という意味です。

どんなときに使うのか?

  • 仮想通貨現物トレードの売却で中途半端に端数が残ったとき。
  • BNBヴォールトの報酬でよく分からない仮想通貨をもらったとき。

よく分からない仮想通貨といっても4~5年経てば大きな価格に化けるかもしれませんので、十分に検討されてからBNBへのコンバートをご判断ください。

どんなメリットがあるのか?

BNBへコンバートすると、BNBの数量が僅かに増えます。
Binanceでの取引手数料をBNBで支払う設定にしていると、現物取引25%割引、先物取引10%割引になる特典があります[5]出典:binance.com, BNB – BNBとは、また何に使用されるのでしょうか?, 2020-02-28閲覧。ので、BNBが僅かでも増えるなら利用者としては嬉しいサービスです。

BNBで手数料を支払う設定方法

1.Binance登録>ログイン>プロフィール>ダッシュボード

2.「BNB控除の使用(25%割引)」をオンにします[6]出典:Binance Support, BNBを使用して手数料のお支払いと25%割引を獲得する方法, 2020-02-28閲覧。

現物取引手数料なら、通常0.1%に25%割引が適用され、0.075%に設定されます。
Binanceユーザーは皆さんこの設定をして利用されています。私もしています。
20~30ドル程度のBNBをいつも保有するようにしています。

以上でBinanceウォレットの説明は終わりです。

Binanceへの入金・Binanceから出金

Binanceへの入金・USDT購入方法

Binanceへの入金・USDT購入方法は、以下の記事をご覧ください。
日本円→XLM→USDT
という流れで購入します。

Binanceから出金・送金する方法

Binanceから仮想通貨を出金送金する方法は、以下の記事をご覧ください。

Binanceウォレットで一番活用するのは、「フィアットと現物」だと思います。仮想通貨現物トレードや入金・出金でユーザーのみなさんは頻繁に使われていると思います。
私は最近セービングを利用するようになり、ようやくウォレットの仕組みが分かってきました。

関連記事:Binanceの使い方・利用方法 - 分かりやすい順序で一覧表示されます。

本記事がお役に立てれば嬉しく思います。

脚注

脚注
1 出典:Binance Support, フィアット通貨で仮想通貨を購入する方法, 2022-02-28閲覧。
2 出典:Binance Support, USDⓈ-証拠金先物契約の仕様, 2022-02-28閲覧。
3 出典:Binance Support, Coin-Margined Futures Contract Specifications, 2022-02-28閲覧。
4 契約期限を無期限とした場合。
5 出典:binance.com, BNB – BNBとは、また何に使用されるのでしょうか?, 2020-02-28閲覧。
6 出典:Binance Support, BNBを使用して手数料のお支払いと25%割引を獲得する方法, 2020-02-28閲覧。

コメント