【Binance】テザー(USDT)をフレキシブルセービング

この記事は約9分で読めます。

投資信託を積み立てるための待機資金運用を、Bybit積立ステーキングからBinanceのフレキシブルセービングに変更しました。変更した理由は、テザーUSDT)の年利がBinanceのほうが高いからです。2022-04-07現在で、Bybitは3%、Binanceは10%のAPY(利回り)です。

金利は変動するので両者の年利が逆転する可能性はありますが、2倍以上の金利は魅力です。
今回は「Binanceでテザー(USDT)をフレキシブルセービングする方法」について書いてみます。

この記事の目的

Bybitの積立ステーキングと同様に、Binanceのフレキシブルセービングを推奨・勧誘する目的で作成したわけではありません。

  • 「日本の銀行口座で動く予定がなく、利息も0に等しい遊休資産・休眠預金のような状態になっている金融資産を、こんな形で運用すれば毎日少しでも金利が付きますよ」

という方法をご紹介する目的で作成しています。
私自身、投資信託を積み立てるための待機資金をそのまま銀行口座で寝かしているのが勿体なく感じて、短期でも利息が付く安定した金融商品を探した結果、Bybitでテザー(USDT)を積立ステーキングする投資先に辿り着きました。

それから3日後くらい経ってから、「Binanceでは2倍以上の利息を得られる[1]金利は変動するので1年間通して2倍の金利を得られるとは限りません。」のを知り、Binanceのフレキシブルセービングへ乗り換えました。

少しでも参考になる情報になれば嬉しく思います。

フレキシブルセービングの概要

どんなときに使うのか?

  • 仮想通貨現物を長期に渡って保有するとき
  • 保有している仮想通貨現物の価格が下落して塩漬けになってしまったとき
  • しばらく取引する予定のない仮想通貨現物を寝かしておくのが勿体ないとき

フレキシブルセービングの内容は?

公式説明ページ

Binance公式サポートによる説明は以下のページです。

内容は?

非常に簡潔にいえば、「仮想通貨をBinanceに預け入れて利息を得るプラン・金融商品」です。

  • いつでも解約できる(日にちも時間も問わず解約できる)
  • 年利を日利に換算して、毎日利息を得られる
  • 元本保証されながら、利息を得られる

元本保証の意味

詳しくは、【Bybit】積立ステーキングの元本保証の意味をご覧ください。

複利運用はできるのか?

この疑問は、「毎日得られる利息分を再投資に回せるのか?」という意味です。
Binanceでは出来ます。「自動振替」をONにすると毎日得られる利息を再投資して、複利運用ができます。

同様に、Swissborgでも毎日の利息分を自動的に再投資に回して複利運用できます
BinanceのフレキシブルステーキングとSwissborgのイールドを比較してみるのも一手です。
時期によって両者の利回りは異なりますが、Swissborgからの出金手数料が高くて利息分全部消化した経験があります。

国内取引所との違いは?

海外取引所の方が全般的に利率が高いです。

GMOコインの貸暗号資産は最大年率3%です。Coincheckの貸暗号資産は最大年率5.0%です。しかもステーブルコインではなく、変動性の激しい仮想通貨です。資産は一定期間ロックされます。

どれだけ贔屓目に見ても、国内取引所の条件は良くない印象を持ってしまいます。
背景には、日本の金融制度や関連法律の良くない面があるのかもしれません。

安全性は?リスクは?

恐らく下記の点に不安を感じられていると思います。

  1. 電話応対も無い外国企業に仮想通貨を預けても大丈夫なのか?持ち逃げされないのか?
  2. Binanceから漏洩・盗難しないのか?
  3. 利息はきちんと付くのか?
  4. 本当にいつでも償還(解約)できるのか?
  5. 仮想通貨の価値が無くなればどうするのか?

1については、テレワークも追い風となり、国内のネット銀行でも電話応対を廃止してメールやチャットによるサポートに切り替えている時代です。ですので、Binanceのメールやチャットサポートを信じるしかないと思います。持ち逃げに関しても、無店舗型の業態は国内外問わず同様の懸念が生じるので、受け入れざるを得ないと思います。

2については、Binanceの管理セキュリティの問題となりますが、業界の中では最高水準のセキュリティだと、私は思っています。実際にBinanceを利用していると、次々と新しいセキュリティに取り組んでいる姿勢がたくさん感じられます。過去の失敗に対する改善は驚くほどのスピード感で取り組まれていると思います。仮想通貨に限らず個人情報や企業内部資料含め、国内外企業の漏洩リスクを挙げるとキリがないので、「Binanceはしっかりと取り組んでいる」というのが私の印象です。

3,4については、利息はきちんと付きます。定期登録(申し込み)した翌々日に利息が分配されます。償還(解約)は思い立ったその瞬間にできます。償還後は即時に収益ウォレットからフィアットと現物に振り替えられ、トレード出金ができます。

5については、ステーブルコインとして定着しているUSDTといえども、世界の多数の大衆が価値を見出せなくなってくれば、単なる電子クズになってしまいます。現在の米ドルも金本位制が廃止されてからは裏付けが無いので、大衆から価値あると思われなければ、価値が下落してしまいます。
USDTが価値ある仮想通貨として存続するか、電子クズになるかは誰にも分かりません。このようなリスクは常に抱えています。

但し、中央銀行デジタル通貨(CBDC)や他のステーブルコインが覇権を握る時代がくる可能性は否定できないため、USDTの価値が下がる情勢に注意を払っておくのがベターだと思います。

なぜテザー(USDT)を選ぶのか?

USDTはステーブルコインだからレート変動の心配ナシ

Binance Savings USDT

私はUSDTを選んでいます。理由は今のところ大衆が広く認めているステーブルコインだからです。USDTは米ドルと連動するので、ドル保有とほぼ同じ感覚になります[2]米ドルによる裏付けに関して疑義が呈されています。。ドル円の為替リスクを除けば、レート変動による購入価格元本割れのリスクがありません。

関連記事:【Bybit】なぜテザー(USDT)を選ぶのか?

USDT運営者に疑義がなされているのは承知していますが、今の仮想通貨業界でUSDT抜きではトレードが成立しないので、USDT崩壊は仮想通貨業界崩壊と思っています。
USDTがご不安な方は、USDCBUSDをお試しください。米ドルの裏付けがあるステーブルコインですので。

ステーブルコインなのに利回りが高い

日本円を日本の銀行に預けても、良くて年0.1%の利回りです。
一方、USDTをBinanceに預け入れると、年7%の利回りです[3]2022-03-02現在の利回り。後日変動する可能性はあります。

USDTは米ドルと連動するので、乱暴な言い方をすれば、
「ドルを預金して年利7%を受け取る」
ことができます。

USDTに適用される年利(APY)

Binanceフレキシブルセービングの年利は階層別に下記のように適用されます[4]2022-03-02現在のAPYです。後日変動する可能性があります。

USDTAPY
0-20007%
2000-750003%
75000以上0.5%

仮に、75000USDTをフレキシブルセービングに充てたとします。
始めに充てた2000USDTまでは7%が適用され、残りの73000USDTは3%が適用されます。

私は現在のところ、2000USDT強をセービングに充てています。
予想以上のスピードで利息が付くので、追加も考えています。

Binance登録・口座開設・本人確認

具体的な方法は、以下の記事をご覧ください。

Binanceに入金・テザー(USDT)に交換/両替する

手数料無料で国内取引所から送金してBinanceに入金してテザー(USDT)に交換・両替する方法は、以下の記事をご覧下さい。

USDTのフレキシブルセービングを申し込む

1.Binance登録>ログイン>収益>セービング

2.USDTを選びます。

3.「定期登録」をクリックすると、ウォレット>フィアットと現物に移ります。
USDT>収益>フレキシブルセービング

4.フレキシブルセービングに充てる数量(金額)を入力後、承認をクリック。

5.注文>収益履歴で注文が受け付けられたのか確認します。

6.有効注文として一覧に表示されています。

7.ウォレット>フィアットと現物でUSDTが収益ウォレットに資金移動したのかを確認します。

8.USDTが一覧に無いので、収益ウォレットに資金移動しました。

9.ウォレット>収益ではUSDTが一覧に表示されているので、フレキシブルセービングの準備に入っているのが分かります。

10.上の画像の拡大。

以上でUSDTのフレキシブルセービング定期登録は完了です。
あとは2日後に利息が分配されます。

セービングを償還(解除)する

フレキシブルセービングはいつでも解約できるので、

  • 資金が必要になったとき
  • 仮想通貨のレートが下がってきて売却したいとき

このような状況のときにはすぐに払い戻し(償還)することができます。
日にちも曜日も時間も問わず、いつでもすぐに解除できます。

1.ウォレット>収益

2.「償還」をクリック。

3.償還する数量を入力します。

  • 償還量:全額だけではなく一部数量の償還が可能です。
  • 高速償還:今すぐ払い戻されます。本日発生の利息を受け取れません。
  • 標準償還:翌日払い戻されます。本日の利息を受け取れます。

4.償還された数量は、ウォレット>フィアットと現物に即時に振り替えられます。

以上で償還(払い戻し)は完了です。

冒頭でも書きましたが、Binanceのフレキシブルセービングをお勧めするつもりはありません。単純に、「こんな運用方法がありますよ」という紹介程度の気持ちで本記事を作成しました。

ただ、利用者としての感想は、「レート変動しない資金を預け入れているだけで毎日利息が増える安心感」を抱けます。レート変動が激しい仮想通貨でBybit積立ステーキングをしたことがありますが、価格下落の度に「償還して売却するか否か」の判断に強いられ、メンタル的に落ち着かなかったです。

その点、ステーブルコインを保有しているだけなら、口座状況も気にならず、落ち着いた日々を過ごせます。「ほぼ放置」のような心境です。
Binanceへの登録はこちら。

関連記事:Binanceの使い方・利用方法 - 分かりやすい順序で一覧表示されます。

本記事がお役に立てれば嬉しく思います。

脚注

脚注
1 金利は変動するので1年間通して2倍の金利を得られるとは限りません。
2 米ドルによる裏付けに関して疑義が呈されています。
3 2022-03-02現在の利回り。後日変動する可能性はあります。
4 2022-03-02現在のAPYです。後日変動する可能性があります。

コメント